食べたり 遊んだり その他いろいろ

加速しながら成功に近づく「収穫加速の法則」

アメリカの発明家「レイ・カーツワイル」の提唱した理論に
『収穫加速の法則』というのがある。

 

たとえば「飛び込み営業」を例にして説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━
最低でも毎日10件は飛び込み営業をするぞ!
そして最低でも1日1件の成約を目指す!
━━━━━━━━━━━━━━━

こんな目標の営業マン。
10件まわって1件成約なので、成約率は10%。

これを単純計算で考えると、営業件数は
1日10件 x 30日 = 月に300件。

成約が10件に1件の割合だから
300件 x 10% = 30件。

あたりまえだけど、1ヶ月経ってもやはり成約率は10%。

 

しかし!物事には
一つの発明は他の発明と結びつき、次の発明までの期間を短縮する
という「収穫加速の法則」が存在します。

先程の例でいうと、

最初は1日10件だった営業も慣れれば1日に20件は廻れるようになる。
セールストークも上達し10件まわれば3件は成約できるかもしれない。

営業件数は
1日20件 x 30日 = 月に600件。

成約が10件に3件の割合だから
600件 x 30% = 180件。

これは、成約率30%ですね。

しかも、ただ成約率が3倍になったのではなく(90件になるはず)
廻る件数も増えているので、成約件数は既に6倍になっています。

 

何が言いたいかというと、
ひとつの経験を達成すれば、次の経験達成までの時間はどんどん短くなる
ということ。

それが「収穫加速の法則」

 

投資も貯金もダイエットだって同じ。
「こんな事やってたって、何にもならないよ」と思っても
続ければ続けるほど、どんどん加速していくものなんですな。

最短の近道は、≪継続する≫ことでしかないわけさ。

この記事を書いたのは、


添田真人(MASATO SOEDA)

ゴルフとサウナとプロレス&格闘技をこよなく愛し、好奇心が劣化しないままアラフィフに突入した放浪癖のB級雑食家、起業家、投資家。

Twitter

新着記事をメールでお知らせ

72人の購読者に加わりましょう

過去の記事

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728