Rebound Step.0:専用チャートの解説

ReboundFX用に使用しているテンプレートの設定です。
以下の数値を参考に、手動で設定してください。(参考:GOLD相場用)

メインウィンドウ

【Bollinger Bands】20/0/2/Close/レベル0
【Moving Average】80/0/Exponential/Close
【Moving Average】200/0/Exponential/Close
【Parabolic SAR】0.02/0.2

インディケータウィンドウ1

【Stochastic Oscillator】9/5/3/LowHigh/Simple/Level 2,4,6,8,10,90,92,94,96,98/メイン
【Relactive Strength Index】10/Close/Level 46,48,50,52,54

ロジック用意識線「トラップライン」

◆本日の 08:00 始値(横線 通称「JP8」)、10:30&16:00&20:30(縦 点線)
◆前日の 10:30&16:00&20:30(縦 点線)
◆前々日の 10:30&16:00&20:30(縦 点線)
◆前々々日の 10:30&16:00&20:30(縦 点線)

 

PC用MT4の解説動画

 

スマホアプリ版MT4の設定方法

 

 

(限定配布)テンプレートセットのダウンロード

メンバー限定で、必要なチャートを表示するテンプレートセットを配布しています。
※現在はメンバー専用の資料置き場「狼式:データセンター」内でのみ配布しています。

 

セット内容
メインテンプレート「ReboundChart」

ロジックに基づいて必要となる最低限のインディケータと、
視認性を考慮した配色のチャートテンプレート。
自分でラインをひた時に検証の邪魔にならない配置と色遣いを心がけています。

Original EA「REAL_AutoSL&TP」

エントリーと同時に損切ライン(SL)と利確ライン(TP)を自動で設定。
決済後にメールでお知らせする機能付き。

Original Indicator「REAL_Lines」

ReboundFX の基本ロジックにおいて重要視している
前日の最高値&最安値、日本市場の開始時間など、必要な9本のラインを
毎日自動で描写します。

Indicator「MTF MA」

上位足の移動平均線を下位足でも表示できるようにしてくれます。
オリジナルではないですが非常に有用なので添付させて頂きました。

Original Script「REAL_TimeChange」

複数のチャートを開いていても一括で表示する時間足を一気に変更します。
「ナビゲータ」の中の「REAL_TimeChange」を選択し、変更したい時間足を
「分」で指定。OKを押すと全チャートが一括で指定した時間足に変更されます。

日足→4時間足→1時間足といった、日々のチェックを簡単にします。

※無断配布などは一切許可しておりませんのでご注意ください。

 

NEXT >>> 『Rebound Step.1:基礎知識』