秋葉原に見つけた美味しいお店で、心静かにゆったり考えたこと。

最近、とかく人間関係が騒がしい。

誰が悪いとか、誰が加害者だとか、誰が被害者だとか。

実際の被害ってなんなんだろうか。

そして何様なんだろうか。

と、ふと想う訳で。

 

でも、そんなエネルギーに対抗してたら

かなり自分が疲弊していることに気が付いてね。

最近は、そんな喧騒から離れて生き始めている。

 

同じような感覚を持っている人と

ゆっくり食事をしてきた。

 

なんだか、全員の輪を取り繕う必要が無いと

そう感じた夜だった。

 

悪いと思ったら謝る。

傷ついたら伝える。

その人間らしい行動だけで充分でしょう。

 

それを第三者が入って、

当事者の代弁を始めるから問題が大きくなるわけで。

 

味方の顔をする必要もなく

敵の態度をとる必要もなく。

 

当事者は当事者。

第三者は第三者なんですよ。

 

当事者じゃないけど、心配になったから助言してるだけ?

すこし黙ってた方がいいよw

 

助言して欲しいかどうかは、

その当事者が決めるから。

 

いい人を演じて、上辺の感謝されて

本当に心から助けたいと思ってた人の信用を失う。

なんか悲しい流れだね。

 

でも

 

秋葉原のこのお店は、最高でしたw