食べたり 遊んだり その他いろいろ

焼き鳥専門 はじめの「心残りの焼き鳥」

千葉県にある「馬橋駅」から徒歩5分ほどの場所。
友人から絶品の焼き鳥があると誘われて「焼き鳥専門 はじめ」さんへ。

 

元々、お寿司屋さんだった店舗ということで清潔感と高級感が溢れる。
お店の広さは、カウンターだけで10人位? テーブル席も4人がけが2つほど。

 

とにかく、焼き鳥には拘りまくっているという話を聞いていたが、
まずは焦らずビールとおつまみ「レバーポン酢」を頼んだ。

なんだこの旨さは!
よくある居酒屋の、炙ったレバーにポン酢をかけた奴とはレベルが違う。
いや、違いすぎて笑えるのだ。

しっかりと味が染み込んだレバーが、口の中でトロトロになる。
これ本当に旨い!

 

一品料理が旨いのでメインの焼き鳥も期待が膨らむ。

まず最初に出てきたのがこちら「ささみわさび」
もうねぇ、フワフワなんですよ鶏肉が。

はじめさんでは、焼き加減もお好みで調整してくれます。
今回はレアで頂いたのですが、良く焼きでもまた違った美味さ。

お好みで選んでもいいけど、両方食べ比べてみても楽しい。

 

そしてこちらが、ダブルメインの前半戦「つくね(塩)」になります。

柔らかすぎて、串にしがみついていられない(笑)

まずは焼き台の上に網を置き表面を丁寧に焼き固めてから
そっと焼き台に戻してあげてじっくり火を通す。
この手間をかけるから究極に柔らかなつくねが仕上がるのね。

 

野菜も半端なく美味しい。中でもこの「シイタケ」
炭火でホクホク&ジューシーに仕上がるしいたけは感動的ですらあります。

 

さぁ登場しました本日のメインイベンター「心残り」の焼き鳥です。

心残りは「つなぎ」とも呼ばれる心臓と肝臓をつなぐ大動脈にあたる部分。
一羽からおよそ4gしか取れず、1串で7~8羽の鶏が必要になるとか!
そりゃ貴重すぎますわ(汗)

昔は、小さすぎて使いにくいので捨てていた部位らしくて
<心臓(ハツ><残り物>ということで「心残り」というらしい。

これ、実は残念ながら、通常メニューには載ってない。
入荷したら常連さんがすぐ食べてしまうので一般にはなかなか口にできない。
今回のように、在庫確認ふくめて予約しておいたほうが良さそうですね。

 

さて、肝心のお味ですが
口に入れた瞬間は鶏皮のような食感なのに、噛めば噛むほどプリプリの弾力。
やがて奥から濃厚な旨みがどんどん口に広がって楽しい。

小さな希少部位を丁寧な仕事で串に仕上げ、
紀州備長炭のみでゆっくり焼き上げる。
その途中で不要な焼きムラを1本1本ハサミで切り捨て仕上げるという
気の遠くなるような職人作業と拘りも楽しい。

ぜひ、カウンターで仕事っぷりを酒の肴にして、
美味しいお酒を呑みながら焼き鳥を食してほしい名店でした。

 

お店情報


管理人:MASATO SOEDA
好奇心が劣化しないままアラフィフに突入した とある自遊人の日常を淡々と記録した生存記録
キャンプ/ポーカー/ゴルフ/プロレス&格闘技/サウナ/FX/放浪癖/沖縄に移住したい病