【宮崎シーガイアトライアスロン大会2019】参戦記2:大会前日。海練習、選手登録、バイク準備。

大会前日

07:00 朝食

昨日の酒も綺麗さっぱり抜けきり、まずは朝食へ。このコテージヒムカは宿泊が安かったので、朝食は期待していなかった。というよりも、レビューにあまり良い話が書かれていなかったんじゃないかな?なのに、いざ行ってみたらびっくりですよ。

まるで一流ホテル並みじゃないですか!これは騙された(汗)しっかり食べ過ぎましたよ。

 

12:00 海練習

遅れて到着したC氏も合流して海練習へ。実際の会場は遊泳禁止で泳げないのですが、となりのビーチでは今日から海開き。ほぼ実際と同じ環境で練習することが出来ます。

ここで、左ブレスしかできない私に、学生時代から水泳部だったU氏がアドバイスくれた。そのアドバイスのおかげで、なんと!騙しだましではあるが右ブレスも出来るようになった!!

しかも、いつもは4ストロークに1回のブレスだったのだがそれでは厳しいと。長距離を泳ぐのであれば、2ストロークに1回で十分。さらに、体のバランスを崩さないためには3ストロークに1回、それも左右交互にブレスをするとまっすぐ泳げるとな。なるほど!これは練習して出来るようになれば、かなり気持ちが楽になる。

実際の練習は。。。というと、数日前まで九州を襲っていた豪雨の影響か、かなりの浮遊物&視界ゼロ&水か冷たい。おまけに、かなりのウネりがあり、不安が増すばかり。。。でも、やっぱりウェットスーツを着て実際の海で泳ぐことは少ないので、この時間は貴重ですな。

 

14:30 選手登録

レンタカーでシェラトンホテルまで移動。そこの2階で選手登録を行う。

なんだか、年々中身が寂しくなってきてる気がする。毎年、オリジナルキャップやらサンバイザーやらがもらえたのに、今年はタオルのみ。しかも、今まではフィニッシャータオルと言って、ゴールした人だけがもらえるタオルをゴール直後に貰えたりした。去年、フィニッシャーって入ってなかったから気になったんだよね。。。使いまわしでしょうか?去年や2年前のキャップなんかも在庫処分と称して、ワンコインで販売したりしてたけど。なんか寂しいよね。

 

15:10 選手説明会

とにかく、選手登録が終わったら説明会が始まります。これは1日数回にわけて開催されるので、どこに参加しても良い。ルールの確認やコースの細かな注意事項が話されます。

ここでも衝撃の発表が!

ガイドブックにも「記録証は無料でゴール後にお渡しします」と書いてありますが、これも変更になってご自分でWEBからダウンロードしてください。
スタッフ
スタッフ

まさかの・・・ここでも経費削減か? なんだかテンション下がりました。。。

 

15:40 バイクの受け取り&調整

バイクは、自分のものを持ち込む人が殆どです。それでも関東から空輸となるとかなりの経費がかかる。そこで我々は毎年、宮崎シーガイアトライアスロン大会の公式サポーターでもあるバイクショップに事前にお願いして、自分たちの身長や体重に合わせてセッティングしてもらったバイクをレンタルしています。

毎年、説明会場のすぐ下でバイクの受け渡しと、微調整をしてくれます。大会後も、終わった直後に引取りに来てくれるのでラクチン。本当にお世話になっています^^ 宮崎のトライアスロンに行かれる方は、相談してみてはいかがでしょう?

[blogcard url=”http://okuguchi.jp/”]

 

 

17:00 夕食へ

明日は本番。今日の夕食は当然、アルコール抜き!と思っていたのですが。。。w

詳細は宮崎グルメ編にて。

つづく