『Rebound FX』-Basic Manual-

私がベースにしているFXのトレード理論を『Rebound FX』として再編集を始めました。
少しづつ整理して編集するので、執筆完了までは期間限定で全公開しておきます。

※1:内容はFXでの勝利を保証するものではありません。ご利用は各自の判断において自己責任でお願いします。
※2:執筆が終わったものから順番にリンクで飛べるようにします。
※3:事前予告なく非公開になる可能性もありますのでご了承ください。

 

MENU 2020.09.08 改訂

 


専用チャートの解説


・ オリジナルチャートの用意
…… 上部:チャートエリア
…… 下部:パワーラインエリア
…… オリジナルの意識線


1時限目:目的=値幅を取る


…… トレードの目的「値幅」とは何か?
…… 勘違い「FXは上下を当てるゲームではない」
…… 常に意識するのは「活動限界量」と「パワー」
…… 値幅を最大限に取れる場所が「転換ポイント」


2時限目:実践① 転換挙動を探す


・ 充電中のサイン「ドリブル」
…… ドリブル発生のメカニズムと人間心理
…… ここで生まれる意識線も重要な副産物

・ 転換挙動の始まり「シュート」
…… シュート発生のメカニズムと人間心理
…… 強引なポジションチェンジには意味がある

・ 最強の転換挙動「リバウンド」
…… 転換ポイントを教えてくれる「リバウンド」という転換挙動
…… 注意!バウンドとリバウンドの違い
…… リバウンド発生のメカニズムと人間心理
…… なぜリバウンドアクションを追うのか
…… 基本のアクションパターン


3時限目:実践② 証拠を集める


・ 証拠の数と勝率は直結する
…… 証拠が可能性を上げる
…… 質より量を意識せよ
…… 肯定の証拠と否定の証拠

・ 最低限チェックすべき7つの証拠
…… トレンドライン
…… 意識線の密集度
…… ボリンジャーバンド(BB理論)
…… エリオット波動
…… 三尊
…… フィボナッチリトレースメント
…… パワーライン


4時限目:実践③ 差がつく利確と損切り


…… 利確(TP)ラインと損切り(SL)ラインを設定する
…… 利確(TP)ラインは活動限界点~強欲との戦い~
…… 損切りライン(SL)
を守り抜く勇気~早切りと変更の危険性~
…… 目標とする最終スタイル「仕掛け釣り」


補習授業


・「市場特性」を理解して勝率を上げる
・「資金管理」が生き残るために最も重要なスキル
・「分散投資法」で初心者は資金管理の経験を積め
・「リスクリワード」を意識して破産を回避
・「スクェアキープ」で相場の時間を止めろ


特別付録


・『Rebound FX -secret routine note-』